a part of the TechSoup Global Network

【お知らせ】Office 2016の寄贈がスタートします

マイクロソフト社の最も新しい「Office 2016」の寄贈がスタートしました


寄贈資格を満たした団体は下記の「Office 2016」製品を申請いただくことができます。

・Office Standard または Office Professional Plus
・Access
・Outlook
・PowerPoint
・Publisher
・Project or Project Professional
・Skype for Business (formerly Lync Desktop)
・Visio Standard または Visio Professional

Mac用には、下記のアプリケーションが申請可能です。

・Office for Mac
・Outlook
・PowerPoint

全てのオフィスのパッケージには、新たにOneNoteが含まれ、Windows版にはSkype for Businessが含まれています。InfoPathの2016へのバージョンアップはありませんのでご注意ください、最終バージョンは2013となっており「オフィスプロフェッショナルプラス2016」には当初から含まれています。

テックスープのサイトを見ても「Office 2016」はないのですが…


マイクロソフト社からの寄贈製品には、バージョン名が記載されていません。製品の寄贈を受ける場合は、マイクロソフトボリュームライセンスサービスセンター(VLSC)より、現在のバージョン(Office 2016)かそのひとつ前のバージョンを選ぶことができます。また、最新バージョンがどれにあたるのかは、マイクロソフトタイトルグループドキュメントをご確認ください。

ウィンドウズ版Officeは今までのものとどんな違いがありますか?

・クラウドストレージ:オフィスアプリケーションはOneDrive, OneDrive for Business, SharePoint と互換性がありますので、デバイスを超えてファイルにアクセスすることができます。

・インサイト:Word, Excel, Outlook, PowerPointを使用中に、画面上からBingをつかって検索をすることができます。

・リアルタイムタイピング(Word):OneDrive for Businessにファイルを保存し、共同編集セッションの設定をすると、違う場所にいるスタッフが編集した内容が、リアルタイムに反映されます。

・データ解析(Excel):エクセルの中に新しい分析機能が追加されました。1クリックで予想分析が可能になり、またデータの解析やビジュアライズもより素早くできるようになりました。


以上