a part of the TechSoup Global Network

Windows 8へのアップグレード方法: Microsoftの最新OSの取得とアップグレードのコツ

Credits:
Written by Ginny Mies on October 26, 2012
Translated by テックスープ・ジャパン on
Originally posted at How to Upgrade to Windows 8: Tips for acquiring and upgrading to Microsoft’s latest operating system

団体としてWindows 8に変えるタイミングだと判断し、団体のコンピュータが技術的要件を満たしていることを確認したら、次はアップグレード計画を準備することになります。この記事ではインストール前とインストールに際してのステップをご紹介します。

この記事はソフトをインストールすることに不安がないNPOのICTの手助けをする専門家向けで、10台以下のコンピュータをアップグレードすることを想定した記事となります。

始める前に

MicrosoftがWindows 7を発表した時、テックスープではVistaやXPからのアップグレードを手助けするアップグレードのステップとチェックリストを作成しました。Windows 8はまったく新しいOSのように見えるかもしれませんが、これらのステップはWindows 7からの移行にも関連があるので、Windows 8にシステムをアップグレードする前に一度このチェックリストに目を通しておくとよいでしょう。

Windows 8の入手

Windows 8のソフトを入手するにはいくつかの方法があります。

テックスープで新たに寄贈申請する:マイクロソフトの寄贈対象になっているNPO法人は、テックスープ・ジャパンを使ってWindows 8 ProとWindows 8 Enterpriseが申請できます。Windows 7のどのHomeエディションからもアップグレードはできないという点をご注意ください。フルインストール版のWindows 8 ProもテックスープのMicrosoft Get Genuineプログラムで入手することも可能です。Windows 8製品のより詳細な情報についてはテックスープのWindows 8ページをご覧ください。

  • 新規の寄贈申請:貴団体がこれまでテックスープのマイクロソフト寄贈プログラムを使って、ソフトを申請したことがなければ、寄贈対象となる団体の条件を読んで、自分の団体が寄贈対象になるかどうか確認してください。
  • ソフトウェア アシュアランス特典を使ってWindows 8 Enterpriseにアップグレード:過去2年間にテックスープを通じてMicrosoftのOSの寄贈を受けた団体は、マイクロソフト ボリューム ライセンス サービス センター(VLSC)から、インストールファイルをダウンロードすることで最新のOSに無償アップグレードすることができます。(※マイクロソフト ソフトウェア アシュアランスについては、こちらをお読みください
  • ISOファイルのダウンロード:インストール用ディスクがなくてもマイクロソフトのボリューム ライセンス サービス センター(VLSC)から直接ISOファイルをダウンロードすることができます。

Windows 8のインストール

Windows 8に変える方法はいくつかのオプションがあります。Windows 7からアップグレードする場合は、インプレース アップグレード(再インストール)が可能です。システム設定、インストール済みのアプリケーションやユーザー設定は保たれ、アップグレード後、再び利用可能となります。この方法は最小の再コンフィギュレーションをするだけで、簡単で時間がかからず、アップグレード後にプログラムを再インストールする必要がないので、この方法を推奨します。

別の方法でWindows 7からWindows 8にクリーンインストールとも呼ばれるカスタム インストールでアップグレードすることもできます。この方法では使用しているプログラムやファイル、設定は保持されませんので、アップグレード前にファイルやプログラムを一度バックアップして、後で再インストールする必要があります。

現行のOS

新しいOS

何が保持できるか

Windows 7 ProfessionalUltimate

Windows 8 Pro

  • インプレース アップグレード:プログラム
  • Windows の設定
  • ユーザ・アカウントとファイル

Windows 7 Professional Enterprise

Windows 8 Enterprise

  • インプレース アップグレード:プログラム
  • Windows の設定
  • ユーザ・アカウントとファイル

Windows Vista
Service Pack 1 または21

Windows 8 またはWindows 8 Pro

  • 個人ファイルとWindowsの設定

Windows XPService Pack 3

Windows 8 またはWindows Pro

  • 個人ファイルのみ

1もしWindows Vista RTMを使っている場合は、Windows 8にアップグレードすると、個人ファイルのみを保持できます。Windows 設定を保持するために、アップグレードする前にWindows Updateから無料パッチをダウンロードすることを強くお勧めします。







32ビット、それとも64ビット?

32ビットか64ビットのどちらにするか迷っているとしたら、Microsoftはそれに対して簡単な問題解決方法を提供しています。Windows 8の32ビットバージョンにアップグレードできるのは現在32ビットのWindowsを使用している場合のみで、64ビットバージョンも同様です。32ビットバージョンのWindows から64ビットのWindows 8にすることは不可能で、その逆も同様です。

インストール方法を決めたなら、Windows 8の実際のインストールプロセスは簡単です。Windows 8アップグレード・アシスタントが使用されているシステムのハードウェア、ソフトウェアの互換性の問題について警告してくれます。互換性がないプログラムがあった場合は、アップグレード・アシスタントは、それを削除して、インストールを再スタートします。インストールを完了するために必要となりますので、プロダクト・キーをお手元に置いておいてください。

次にWindows 8のテーマ・カラーの選択とPCに名前をつける機会があります。選んだ色が気に入らなかった場合はどうするか?Windows 8のインストール後に多くのカスタム化オプションがあるので心配いりません。Express設定、またはカスタム設定のどちらかを選択するように聞かれます。大部分のユーザーはExpress設定がいいでしょう。ただ選択しようとしている設定リストを最後まで読んでおいてください。最後にMicrosoftアカウント情報を入力するように聞かれます。まだアカウントを持っていない場合は、操作指示スクリーンにしたがって、アカウントのサインアップが可能です。

終了です!これであなたは最新のWindows 8を動かしていることでしょう。

Licensing provided by TechSoup Global