a part of the TechSoup Global Network

Windows 8にアップグレードすべき?考慮すべき4つの点

Credits:
Written by Ginny Mies on October 26, 2012
Translated by テックスープ・ジャパン on
Originally posted at Should You Upgrade to Windows 8?: 4 Questions to Consider

Windows 8は、これまでのOSに比べ見た目および使い勝手がまったく新しいものになっています。あなたの団体に合っているか確認しましょう。

Windows 8は、Microsoftがこれまでリリースしてきたいかなるオペレーティングシステム(OS)とも、良い意味で違っています。より大きく、大胆なユーザーインターフェイスは、タッチスクリーンのタブレットやPCだけでなく、従来のデスクトップおよびラップトップコンピュータ用に構築されています。新しいスタート画面は、きれいなフォント、明るい色、ダイナミックなイメージを表示するスマートフォンやタブレットに似ています。しかし、Windows 8は同時に、Windows 7の機能の多くを保持しているため、あなたのスタッフがこのインターフェイスに慣れるのに苦労しないはずです。Windows 8はまた、スタッフの生産性だけでなく、組織のコンピュータのパフォーマンスと寿命を手助けするいくつかの新しい機能を搭載しています。

Windows 8があなたの団体にとってよい選択か決めるのをお手伝いするために、考慮すべき4つの質問を設定しました。

1: Windows 8の新機能はあなたの団体にとって役立つか?


新しいスタートスクリーンはWindowsの以前のバージョンの左下にあったスタートメニューに代わるものになります。アプリやコンタクト、お気に入りのウェブサイトに「ピン付け」することで、すばやくアクセスすることができます。Microsoftはさまざまな特別なスタートスクリーンアプリを用意しており、これらはWindowsストアで(無料、有料で)入手できます。スタートスクリーン上の専用タイルをクリックすることでWindowsストアにアクセスすることができます。

もし従来のデスクトップの表示の方がいいということであれば、「デスクトップ」タイルをクリックします。デスクトップからスタートスクリーンに戻す場合は、以前のバージョンのWindowsでスタートボタンがあった左下の場所をクリックします。Windowsキーを押すことで、両スクリーンを切り替えることも可能です。新しいスタートスクリーンに慣れないというのであれば、完全にデスクトップで簡単に操作することができます。

Windows 8のデザイン上の大きな変化のひとつが、デスクトップ、スタートスクリーン表示の両方にある「チャーム」の追加です。スクリーンの右端にマウスをかざすと、「検索」(サーチ)と「共有」(シェアリング)を表すアイコンが現れます。「検索」チャームを使うことで、フォルダー内やアプリケーションを簡単に検索することができます。

以下が考慮に入れるべきその他の利点です。

  • よりよいパフォーマンス:Windows 8はWindows 7に比べて、RAMやCPUの使用が少ないため、より早く動きます。Windows 8のパフォーマンスについては、PCWorldに掲載されているWindows 7とWindows 8のベンチマーク比較(英語リンク)をご覧ください。
  • 古いマシンでも問題なく作動:Windows 8はお持ちの旧型のIT機器で作動するだけでなく、Windows 7より動作が早い(英語リンク)という特筆点があります。
  • より少ない電力消費:パワーをそれほど使わっていな時に省電モードになることで、Windows 8はバッテリー寿命を延ばします。
  • セキュリティ:Windows 8はマルウェアやスパイウェアから保護するWindows Defenderが搭載されています。
  • ハードウェアの故障に対する保護:Windows 8のStorage Spaceは、ソフトウェアベースのRAIDシステムにより、データを保護し、コンピュータがクラッシュした時でもデータが残されています。   
  • SkyDriveの統合:MicrosoftのクラウドストレージプログラムがWindows 8のすべてのアプリケーションに搭載されています。
  • 多言語対応:表示言語を簡単に切り替えることができます。またWindows 8では、他の表示言語にも対応しているので、多言語を使う組織にとっては重宝です。

2: 使用しているハードウェアはWindows 8をサポートできるか?

次に使用しているコンピュータがWindows 8をサポートできるかを確認する必要があります。もし使っているハードウェアがWindows 7をサポートしているのであれば、Windows 8にアップグレードすることに何の問題もありません。Windows 8はタッチパネルのデバイス使用のためにもデザインされていますが、従来のマウスとキーボードにも簡単に操作できます。

Windows 8は、32-bitと64-bitバージョンがあります。それぞれシステム要件が違います。

要件

32-bitバージョン

64-bitバージョン

プロセッサ

1 GHz かそれ以上

1 GHz かそれ以上

RAM

1 GB

2 GB

ハードウェアディスク容量

16 GB

20 GB

グラフィックカード

Microsoft DirectX 9グラフィックス(Windows Display Driver Model (WDDM)ドライバ搭載)

Microsoft DirectX 9グラフィックス(Windows Display Driver Model (WDDM)ドライバ搭載)


3: 使用しているプログラムはWindows 8で作動するか?

アップグレード前に、お使いのプログラムがWindows 8と互換性があるかどうかも確認する必要があります。Windows 7からアップグレードする場合は、使っているほとんどのソフトウェアを保持できるはずです。

まず、団体のコンピュータがどういったソフトを使っているかを確認してください。もしあなたの団体のコンピュータが標準化されていない場合(言い換えると、事務所のすべてのコンピュータが同じプログラムを使っていない場合)、どのプログラムをコンピュータで使っているのかを、それぞれのユーザーから直接聞くか、Spiceworks IT Desktopといった無料のプログラムを使って調べる必要があります。

次に、お使いのソフトがWindows 8と互換性があるかを確認します。OSをインストールする前にWindows 8 アップグレード アシスタントを作動させてもいいでしょう。その他の方法として、Microsoftや他メーカーの製品やソフトの互換性をリスト化しているMicrosoftのWindows 8  互換性センターで確認することもできます。お持ちのソフトウェアがリストにない場合は、ソフトウェア会社のサイトでWindows 8との互換性をご確認ください。

Windows XPのみで作動するプログラムを使っている場合は、Windows 8では作動しないでしょう。Windows 7と違い、Windows 8はこれらのプログラムを作動させるための特別なXPまたはVistaモードがありません。またVirtualBoxやVMWare Playerを実際のWindows XPマシンにするように、仮想マシンにWindows 8をインストールするというオプションもあります。仮想化についてのより詳細な情報はTechSoupのVirtualization 101の記事(英語)をお読みください。

4: どのエディションを使うべき?

MicrosoftはWindows 8のエディションのラインアップを簡潔にし、4つのバージョン:Windows 8、Windows 8 Pro、Windows 8 Enterprise、Windows 8 RT から選べるようにしました。Windows 8 EnterpriseはWindows 8 Proと同じ機能を持ち、それに加えてビジネス用に6つの追加機能(英語)を備えています。現在Windows 7のどのHomeエディションを使用している場合は、テックスープから提供されているWindows 8 ProまたはEnterpriseのアップグレード版はご利用いただけません。しかしながらWindows 8 Get Genuine(正規フルインストール版)を申請していただける可能性があります。

以下の表はWindows 8とWindows 8 Proの機能の違いについて示しています。

機能名

Windows 8 Pro

Windows 8 Enterprise

スタートスクリーン、ライブタイル、アプリ(メール、カレンダー、ピープル、メッセージング、フォト、SkyDrive、ミュージック、ビデオ)

 


 

Windows To Go

 

BitLocker BitLocker To Go

VPN クライエント

DirectAccess

 

Remote Desktop

Client Hyper-V 仮想ビルトイン(64-bit バージョンのみ)

 

     

結論  

団体のスタッフにとって、Windows 8の新しいは見た目は、学習曲線のように試しながら学習していくというプロセスを必要とする可能性が高いといえます。Windows 8の新機能については、アップグレード前に組織内で簡単な説明会を開くといいかもしれません。

注意:2014年4月8日より、MicrosoftはWindows XPのサポートを終了しますので、団体のコンピュータがWindows XPの場合は、Windows 8かWindows 7のアップグレードを計画し始める必要があります。今アップグレードの時期でないと決定した場合、Windows 7とVistaのサポートは2017年まで継続します。

Licensing provided by TechSoup Global