a part of the TechSoup Global Network

サーバーのフィールドガイド

Credits:
Written by Elliot Harmon and Adam Chapman on December 9, 2008
Translated by TechSoup Japan on April 9, 2009
Originally posted at A Field Guide to Servers

いかにしてサーバーがノンプロフィットの技術構造基盤をより効力のあるものにするか理解しましょう。

サーバーと言う時には何について話しているのでしょうか?最も簡潔にいうとサーバーとは1つのソフトウェア、或いはネットワーク上の1つ又は複数のコンピューターにリソースを供給するハードウェアの事をいいます。「サーバー」という言葉は幾つかの明確な事柄を示す包括的な言葉として使われているので、混乱を招くことがあります。Microsoft ExchangeやOffice Communications Serverのようなサーバーアプリケーションは共通用語ではサーバーを指しますが、これらのアプリケーションが動作するオペレーティングシステム(例えばMicrosoft Windows Server 2008或いはSmall Business Server 2008)とこれらのオペレーティングシステムがインストールされている実際のコンピューターもサーバーと呼ばれます。

ノンプロフィットのサーバーのニーズは、どんなITリソースを入手出来るかだけではなく組織の規模や種類によって広範囲にわたって変化するでしょう。ノンプロフィットのニーズを知り、それらのニーズがいかにより良くサーバーによって満たされるかを理解することで、確信を持って適切なサーバーに時間と資金を投じる事が出来るでしょう。

このフィールドガイドでは、広範囲におけるサーバーについて、最も一般的な幾つかのサーバーが何を行うか又幾つかの例を検証しながら何があなたのニーズに適しているか見ることができます。

入手可能なサーバーの範囲を徹底的に調べる前に、それらがネットワーク上の他のコンピューターにいかにフィットするかを知る事が重要です。コンピューターネットワークは一般にPeer-to-peerとClient-serverの二つのカテゴリーに分かれます。Peer-to-peer networkは複合式のコンピューターの一つで、インフォメーションをシェアするためのサーバーに頼るよりはむしろファイルやプリンターをシェアするといった簡単な目的のために互いにつながっています。Peer-to-peer networksはコンピューター10台以下の小規模のネットワークには十分ですが、組織のニーズが大きくなるにつれてすぐに過度の負担がかかるようになります。Client-server networkにおいては、サーバーはユーザーのコンピューター(いわゆるクライアント)が要求するアプリケーションとデータをホストします。1つのサーバーが複数のサーバーアプリケーションをホストすることが出来ますが、一台のコンピューターに多くのことを要求しすぎるのは全てのスピードを遅くし使用出来なくしてしまいます。1つのサーバーが複数の役割を処理できるかどうか決める前に、個々のサーバーアプリケーションの要求を使用する環境においてテストしながら決めることが重要です。

サーバーハードウェア

サーバーとはネットワーク上の他のコンピューターに情報や他のリソースを与えるための専用のコンピューターです。サーバーの大きさはプロセッサーがぎっしり詰まった大きな部屋から普通のデスクトップにまで及びます。サーバーを選ぶ時はインストールするつもりのサーバーアプリケーションとサーバーオペレーティングシステムのシステムに要求されるものを見てください。サーバーとして作動する適切なコンピューターの選択に関する詳しい情報は、TechSoupのTech Beginner’s Guideをご覧下さい。

サーバーオペレーティングシステムズ

サーバーは専門化したバージョンのオペレーティングシステムを作動させます。Microsoft、Apple、 Linuxそして他の全てのシステムはそれぞれのオペレーションシステムのサーバーバージョンを持っています。一見したところではサーバーのオペレーティングシステムはデスクトップに似た物のように見え、そのように作動するかもしれませんが、それらは中央でログオンしたユーザーやマシーンを巧みに操縦する能力といったさらに進歩した特徴を示します。WindowsやMacのオペレーティングシステムのサーバーバージョンには、ファイルシェアリングアプリケーションやプリントシェアリングアップリケーションなどの幾つかのビルトインのサーバーアプリケーションが含まれています。種々のオペレーティングシステムで動くサーバーは互いにコミュニケート出来るように環境設定することが出来ますが、ほとんどのサーバーアプリケーションはいくつかのオペレーションシステムにおいてのみ作動します。

Windows Server 2008は沢山のIT専門家たちによって産業界の基準と考えられています。Windows Serverには沢山のビルトインサーバーアプリケーションが含まれ、Officeや他のマイクロソフト社の人気のある製品とともに使用出来るように組み立てられています。Small Business Server 2008はもっと小さな規模の組織向けに考えられた物で、Windowsのサーバーの核となる機能性をSharePoint ServerやExchange Server(どちらも後のセクションで論じられます)と結びつけます。

Mac OS X ServerはWindows ServerやSmall Business Serverと同じ特徴の多くを提供しますが、Macのコンピューターを使用するオフィス向けに最適化されています。WindowsとMac OS Xの両方を動かしているコンピューターはMac OS X Serverを動かしているサーバーにつなぐことが出来ますが、幾つかの特徴はMac OS Xを動かすコンピューターからのみ得られます。

Ubuntuは最も人気のあるデスクトップコンピューター用のLinuxの変形ですが、使いやすさ、実行のしやすさ、安全の容易さといった面からサーバーオペレーティングシステムとしてもアピールしています。CanoncialはUbuntuの広告用のスポンサーで年間750ドルからサーバーのサポートを提供しています。Ubuntuはまたどのような規模の組織にも適しており、絶えずアップグレードし続けるオープンソースコミュニティーーからの幅広いサポート機構を持っています。これにはビルトインファイルやプリントサーバーファンクションも含んでいます。専売のサーバーに代わるオープンソースに関する情報については、Nonprofit Open Source Initiative’s guide to free and open-source softwareとTechSoupの記事Six Steps to Adopting Open-Source Software at Your Org.をご覧下さい。

NetWare(Novell Open Enterprise Serverとしても知られています)は1983年に開発されました。Windows ServerとSmall Business Serverはかなりのマーケットシェアを得ましたが、多くのIT専門家たちは依然としてNetWareを好み、カスタマイズのしやすさ、スケーラビリティー(形を保ったまま大きさを変える事の出来る)、ビルトインネットワークマネージメントの機能性をたたえています。

サーバーアプリケーションズ

ファイルサーバーとプリントサーバー

ファイルサーバーとプリントサーバーは最もよく知られたタイプのサーバーですが、プリントサーバーの需要が少ないため小規模なネットワークにおいては一台のコンピューターがファイルサーバーとプリントサーバーの両方の機能を果たします。多くのサーバーオペレーティングシステム ―先に挙げたオペレーティングシステムを含みますが― には既にファイルサーバーとプリントサーバーが含まれています。

ファイルサーバーによってネットワーク上の多数のユーザーが1つ又は複数のハードドライブをシェアする事が出来ます。コンピューターをファイルサーバーに接続すると、シェアされたドライブがデスクトップ上に通常の外部のハードドライブと同じように現れます。管理者は限られたユーザーだけが選ばれたフォルダーとセクションにアクセスしたり編集したりできるようにセキュリティーの特徴を設定する事が出来ます。ファイルサーバーは又マニュアルのバックアップにも役立ちますが、後の章で述べる専用のバックアップサーバーはより信頼できる物で組織のニーズに適するように設定する事ができます。

Microsoft SharePoint Server 2007は共同プロジェクトのために特別に考案された特殊化したファイルサーバーです。SharePointは多数のユーザーによるファイルに行われた変更を探知しプロジェクトの代わりのバージョンをストアーすることが出来ます。

オープンソースサーバーアプリケーションであるSubversionは多数のユーザー感での共同作業に用いられるものです。SharePointもSubversionもWindows Explorerとインターフェースするので、ユーザーは慣れているWindowsの環境を離れずにシェアーされたファイルを編集することが出来ます。

ファイルサーバーと代替え品に関してはA Few Good Tools for Sharing Files with Distributed Groupsをご覧下さい。

プリントサーバーはネットワーク上のユーザーからの印刷のリクエストを適切なプリンターに割り当てるという処理を行います。プリンターがネットワーク化されると、多数のユーザーはそれを物理的に接続しなくても印刷する事ができます。ハイエンドのプリンターの中にはプリントサーバーが管理を行わなくても直接ネットワークに差し込める物がありますが、事実上はほとんどどのプリンターもプリントサーバーに接続する事でネットワーク化する事が可能です。

バックアップサービス

どのコンピューターもデータをその場で外部のハードドライブであるDVD-ROM或いはオンラインのホスティングサービスにバックアップする事は簡単ですが、サーバーアプリケーションによって組織の中心にバックアップを集めることは、どの規模の組織にとっても適切な処理といえます。バックアップサーバーを使う事でバックアップはネットワークを通して自動的に行われバックアップされたデータは緊急時にアクセスし易いフォーマットで着実に入手することが出来ます。さらに、バックアップサーバーを使用する事は、従業員やボランティアが法的または倫理上重要であるデータを偶然或いは故意に消去しないようにするための確実で最善の方法です。

クライアントコンピューターのバックアップのソフトウェアは、クライアントがインターナルネットワークにある時は自動的にデータをバックアップサーバーにバックアップするように予定されます。もし好ましくないデータロスがコンピュータに起きた場合、管理者はコンピューターのハードドライブを修理するか交換してからバックアップサーバーのコピーを使ってコンピューターのデータを復元します。

Symantec Backup Exec for Windows Serverは最小限のハードウェアとソフトウェアでどの規模の組織にも適応できるバックアップのソリューションです。Backup Execはクライアンツとサーバーの両方をバックアップするのに使用でき、クライアンツが管理者無しにインターナルウェブサイトを媒介としてファイルを復元する事を可能にします。

Microsoft System Center Data Protection Managerは非常に融通の利く企業レベルのバックアップサーバーです。Data Protection Managerが他のクライアントやサーバーアプリケーションのために専門化されたアプリケーションデータと同様クライアントファイルのバックアップを行います。

RESTOREは異なるプラットフォームに対応したオープンソースのバックアップサーバーアプリケーションです。HolonyxがRESTOREを開発し商業的なサポートを行う計画ですが、今のところはオープンソースコミュニティーによって支えられています。RESTOREは自動と手動両方のバックアップをサポートしていますが、他のコンピューターのバックアップを行わせるためにクライアントソフトウェアをインストールする必要はありません。これはどの規模の組織にも適しています。

Eメールとコミュニケーションサーバー

Eメールサーバーはeメールと他の形式のコミュニケーションを収集し適切なユーザーにそれらを配布します。多くのeメールサーバーはカレンダー、交信、タスク、メモなども管理する事が出来ます。eメールサーバーの中にはウェブをベースとした端末を含む物もあり、ユーザーがどのブラウザーからでもメールや他のサービスをチェック出来るようになっています。コミュニケーションサーバーは多くはeメールサーバーと合体する事が出来ますが、ウェブカンファレンス、インスタントメッセージ(IM)、電話通信のようなライブのコミュニケーションを管理する事ができます。

Microsoft Exchange Serverは多くのWindowsをベースとしたオフィスの電子コミュニケーションの要求に対処するもので、どの規模の組織にも適しています。ExchangeはほとんどのIT部門による標準のeメールサーバーであると考えられています。

MailSite FusionはExchangeと類似した特徴を持つセットを提供します。MailSite Fusionの無料版は20のユーザーまでサポートすることが出来ます。

Microsoft Office Communications Serverは多様な方法によるリアルタイムコミュニケーションを統合し有意なもののみを公表します。Office Communications ServerはIM、ウェブカンファレンス、デジタルの電話通信などを促進します。

Jabber Instant MessagingはオープンソースのIMサーバーです。ヤフーやAIMメッセージングとは異なり、Jabber Messagingはローカルのカスタマイズ可能なサーバーによって促進されます。ユーザーはNumerous client applicationsによってJabber メッセージを送ったり受け取ったりする事ができます。

データベースサーバー

データベースサーバーは組織化されたデータの収集です。入力が表に記憶されるスプレッドシートと同様、データーベースは他のアプリケーションやウェブサイトにおけるデータの分析、ソート、編集、使用する能力において非常に用途が広く効果的です。ワークステーションよりはむしろサーバー上のハイエンドなデータベースインフォメーションを記憶するのに多くの利点があります。データベースサーバーを使用すると、多数のユーザーがデータにアクセスしたりデータを編集するのがより容易くなり、データベースサーバーもデータ収集や公表をオートメーション化できます。

データベースサーバーは中規模から大規模のノンプロフィットのために、たとえば寄付やイベントの追跡や多数のソースからのインフォメーションの編集などを行ってノンプロフィットの影響力を評価するなど多目的に使えます。

データベースサーバーは非常に便利ですが、どれがあなたの組織に最適であるかを決める際には組織のIT部門に話をするかコンサルタント又はデータベース管理者(DBA)を雇うのが最も良い方法です。

Microsoft SQL Server 2008MySQLサーバーは全ての規模の組織で使われています。Microsoft SQL Server 2008 Express及び Edition Oracle Express Databaseは小さな規模の組織向けのものです。これらの製品はすべてオープンソースのStructured Query Language (SQL)フレームワーク上に築かれています。すなわちMicrosoft SQL Server Express Edition、 Oracle Express DatabaseそしてMySQLの一部のバージョンが無料で入手出来ます。

オープンソースのデータベースに関してはOpen Source Database Technologiesをご覧下さい。

アンチウィルスサーバー

市場には数多くのアンチウィルスサーバーアプリケーションが出回っています。ネットワーク上の全てのサーバーとワークステーションの状態をチェックするアプリケーションもあればサーバーのみのウィルスをチェックするものもあります。

Symantec AntiVirus Corporate Editionは、ウィルス用のネットワークトラフィックと他のフォームのマルウェアをチェックします。Windows、Netware、Linuxのコンピューターにウィルス保護のアップデートを定期的に送りだす事で接続しているクライアントコンピューターを保護し続けます。すべての規模の組織に適しています。

AVGはデスクトップ用の人気のある無料アンティウィルスアップリケーションのメーカーですが、いくつかのアンティウィルスサーバーソリューションも提供しています。AVG Anti-Virus Network Editionはワークステーションとネットワーク全体のファイルサーバーの包括的な保護を提供していますが、オプションでExchange とSharePointの保護も追加することが出来ます。

ウェブサーバー

ブラウザーを通してあるウェブサイトに到達しようとする時にはいつでも、ウェブサーバーにリクエストを送っています。ウェブサーバーはサイトをブラウザーに送り返すことでリクエストを満たします。幾つかのサーバーオペレーティングシステムでは、ウェブサーバーは標準的な特徴ですが、ハードウェアと帯域幅のコストのせいで、組織内のサーバーから公共のウェブサイトをホストする事はお勧めできません。ウェブサイトから沢山のカスタマイゼーションやより進んだ機能性を必要とするより大きな組織では専用のサーバーを買うか借りてWebホスティング会社(いわゆるコーローケーション又は”co-lo”)にそれを保管することを考えるかもしれません。しかし第三者のウェブホスティングサービスを見つける事はほとんどの組織にとってはより可能な選択です。ウェブホスティングに関する詳しい情報についてはA Few Good Web Hostingをご覧下さい。この記事は様々なWebホスティングプロバイダーについて徹底的に述べいかにして組織に適切なものを選択するかについて書かれています。

プロキシーサーバー

プロキシーサーバーはクライアントからのデータ(一般にはウェブサイトのためのものですが、より大きなネットワークにおいてはどんな種類のデータもプロキシーサーバーを通過する事が出来ます)をリクエストしクライアントとサーバーを取り持つ役割を果たします。今日ではプロキシーサーバーはウェブサイトフィルターとして最も一般的に使われ、ある一定のコンテントをブロックしたり、頻繁にアクセスするウェブサイトをキャッシュに入れてより速く配達されるようにしたり、またはクライアントの正体をプライバシーの理由で隠したりします。もし要注意のデータを扱う組織(敵対する政府の国で事業を行っているか法人を信用できないものとする可能性がある情報を扱っている組織)では、プロキシーサーバーは投資に値する物といえるでしょう。

Internet Security and Acceleration Server 2006 Standard Editionサーバーはファイアーウォールとプロキシーサーバーを組み合わせたものです。ISAはネットワークを外部のトラフィックから保護し安全にします。

Torはオープンソースの異なるプラットフォームに対応したプロキシーサーバーでユーザーのブラウズの習慣をネットワークの外部からチェックされるのを防ぐためにウェブトラフィックを匿名扱いにします。あらゆる規模のウェブトラフィックがチェックされる事に関心がある人誰にでも適しています。

SquidはLinuxとUnixシステムのための人気のあるプロキシーサーバーです。これはインターネットトラフィックを匿名にするためというよりはむしろよくリクエストされるデータをキャッシュに入れることでインターネットコンテントをより迅速にデリバーすることに重きを置いています。全ての規模の組織に適しています。

Dan’s Guardianはコンテントフィルターを必要とする組織にとって役に立つ無料のアプリケーションです。「禁止された」ウェブサイトのリストに基づいて選別を行うほとんどのフィルターとは異なり、Dan’s Guardianは管理者が選別したいと望むウェブサイトのコンテントの特質を分析します。

ファックスサーバー

大量のファックスを送信したり受信したりする組織にとって、ファックスサーバーは投資する価値のあるものです。(どのくらいファックスを送るかを決定するためには用紙、インク、ファックスの機械のコスト及び維持費に加えてファックス専用回線の使用料を考慮に入れて下さい。)クライアントコンピューターは文書をファックスサーバーに送るによって印刷せずに文書を送ります。ファックスサーバーはモデムまたはインターネット(Voice over Internet ProtocolすなわちVoIPに似たFax over IPと呼ばれる、さもなければT.38として知られる技術を介して)を使って文書を指定した番号に送ります。ファックスサーバーは又同じ方法でファックスを受信する事が出来、適正なユーザーのeメールにそれらを配信することさえ可能なのです。

Windows ServerとSmall Business Serverには内蔵のファックスサーバー機能が備わっています。Standalone ファックスサーバーにはAlt-N RelayFaxGFifax Makerが含まれます。容易性と有効性からいえば、多くの小、中規模の組織はオンラインファックスサービスを好むかもしれません(オンラインファックスサービスの項をご覧下さい)。

メーリングリストサーバー

メーリングリストを管理するための装置は様々な種類の物が入手出来ます。メーリングリストは管理者が沢山の受信者に同時に告知を電子メールで送るための一方向のコミュニケーションのvenue或いは沢山のユーザーが同時にお互いに電子メールを送りあうための協力的なセッティングとして働きます。管理者たちは組織のネットワーク上の内部のユーザーだけのメーリングリスト、またはインターネット上のユーザー全てのメーリングリストを作る事が出来ます。

メーリングリスト管理のための人気のあるサーバーアプリケーションとしてはLISTSERV, Lyris, Arrow Mailing List Serverそして Mailmanがあります。最近ではメーリングリストのリモートサービスやデリバリーがますます一般的になってきています(ウェブアプリケーションの項をご参照下さい)。

ヴァーチャルプライベートネットワーク(VPN)サーバー

VPNはインターネット全体にインターナルネットワークを拡張するものです。インターナルネットワークにVPNサーバーをセットアップした後、クライアントはVPNソフトウェアーを自分のコンピューター(ラップトップ型でもオフィスに無いコンピュータでも)にダウンロードしたりインストールすると、VPNに接続すればネットワークにアクセスする事が出来るようになります。一旦クライアントがオフィスの外に出たらインターネットに接続してネットワークアドレス(たいていはIPあるいは数字で表したアドレス)、ユーザーネーム、パスワードを入力します。

クライアントのコンピューターからインターナルネットワークまでインターネット上に安全な「トンネル」が作られます。一度トンネルが開設されれば、クライアントのコンピューターはインターナルネットワークの一部となりコンピューターがあたかも物理的にその場にあるかの如くリソースにアクセスすることが出来ます。ほとんどのファイアーウォールとルーターは内蔵のVPNの可能出力に付属しています。

Windows 2003はVPNサーバーの機能を内蔵しています。もし一度にほんの2、3人がオフィス以外からネットワークに接続する場合にはこれを使用可能に出来ます。

Microsoft Internet Security and Acceleration Server 2006(プロキシーサーバーの項をご覧下さい)には、さらにエラー強さのあるVPNシステムが含まれており、離れたブランチをつなぐ機能を持っています。あらゆる組織がこれを利用する事ができますが、小さな規模の組織にとっては幾つかの進歩した特色は必要ないかもしれません。

VPNシステムに関するより詳細な情報及びオプションについては、Introduction to Virtual Networking (VPN)をご覧下さい。

従来のサーバーの代替品となるもの

最近では多くの会社ではウェブアプリケーション又はハードウェアだけのソリューションという形の従来のサーバーアプリケーションの代替品を提供し始めています。これらのソリューションは従来の企業内部のサーバーほどカスタマイズ出来ませんが、容易さと手軽さからいえば申し分ないかも知れません。

ウェブ アプリケーション

ウェブアプリケーションとは標準のウェブブラウザーを通してオンラインでアクセス出来るソフトウェアです。幾つかの新しいウェブアプリケーションは、以前は企業内部のサーバーを必要としていたような特定の種類の作業及びコラボレーションを簡単にしてくれます。従来のサーバーの代わりにウェブアプリケーションを使用すれば、技術予算だけでなく組織のエネルギー消費量を節約する事も出来ます。Google CalendersはExchange’s email and calendarの機能が互いにインターフェース出来るのと同様にGmailを通して組織内でシェアーをしたりアクセスする事が出来ます。

同僚たちはGoogle Talkを使って即時に通信を行う事ができます。Google TalkはGmailまたはJabber-compliantインスタントメッセージングクライアントを通してアクセスする事が出来ます。Google Docsは共有の文書、スプレッドシート、プレゼンテーションの保管場所として機能します。

Online Fax Servicesは入手可能なファックスサーバーの使いやすい代替品です。ユーザーはファックスをeメールに添付するかウェブインターフェースを通じて送受信する事が出来ます。人気のあるファックスサービスにはMyFaxeFaxTrustFaxがあります。

最終的に非常に多くのオンラインメーリングリストサービスがメーリングリストサービスの代替品として利用できます。

Convioは全体論的なファンドレージングから基金調達から支持及びeメールキャンペーンまでの全てをカバーするConstituent Relationship Management (CRM)サービスを提供します。Convioのeメールサービスではeメールキャンペーンによってどれだけの興味が起こったかを追跡したり、テストオーディエンスの様々なメッセージを試す事ができます。

Constant Contactは組織のメンバー達に到達するeメールとサーベイメーリングサービスです。

NGOGroupsは特にノンプロフィットや同様の組織に役立つeメールとホスティングの会社です。

Yahoo GroupsGoogle Groupsのような人気のあるグループプラットフォームは又eメールによって組織のメンバーや有権者と連絡を取り続けるためにも使う事ができます。

ハードウェアだけのソリューション

プリントサーバーのみを必要とし、小さなオフィスを持っている場合には、それをコンピューター上でホストする必要はありません。Linksys、 Netgear、 D-Linkといったネットワークに接続する会社はみなスタンドアロンの装置を作っています。十分に検討されたモデルとしてDP-300Uがありますが、これはダイレクトにネットワークとプリンターに接続するペーパーバックの大きさぐらいのスタンドアロンのプリントサーバーで、装置上にホストされているインターナルウェブサイトによってプリンターがネットワーク中いたるところでシェアーされるように設定されています。これは異なるプラットフォームに対応したもので、ほとんどのコンピューターで使用する事が出来ます。DP-300Uはより簡単な印刷を要する小さなオフィスに最適です。

アップル社のAirPort Extremeはワイヤレスルーターで簡単なファイルとプリントサーバーとしても機能します。ルーターの中に差し込まれたUniversal Serial Bus (USB)プリンターはワイヤレスのネットワーク上の全てのコンピューターの要求を満たす事が出来ます。ドライブはネットワークにアクセス出来る人なら誰にでも利用できますが、又は第2パスワードでプロテクトする事が出来ます。

オフィス環境におけるほとんどの基本的なタイプのサーバーについて述べてきましたが、まだ取り上げていないタイプのサーバーが沢山あります。サーバーの問題に時間とお金を投資する前に、そのサーバーがいかにして組織のニーズを満たし、いかにしてIT環境に備え付けるかについて必ず評価を行って下さい。サーバーの費用は価格や管理費用よりも大きいという事を忘れないで下さい。サーバーをインストールしそれをいかにして活用するか学ぶことは、通常は大きな投資ですが、さらに能率化された効果的な組織のインフラストラクチャーの見返りはより一層大きなものとなるでしょう。

著者について:
エリオットハーマンはTechSoupのライターです。
アダムチャップマンは以前のTechSoupのライターです。