a part of the TechSoup Global Network

マイクロソフト ソフトウェア寄贈プログラム 寄贈対象となる団体の条件

寄贈対象となる団体の条件

マイクロソフト ソフトウェア寄贈プログラムは特定非営利活動法人(NPO法人)として認証された非営利団体のみが対象となります。

※この他の法人格の団体は寄贈対象外になります。


すべての非営利団体がマイクロソフト ソフトウェア寄贈プログラムの対象になるわけではありません。それらの団体は各業種向けプログラムをご参照ください。このライセンス プログラムは、さまざまな規模の公共機関、教育機関、医療機関を対象とするもので、適用対象となるとマイクロソフトのソフトウェアを割引価格でご利用いただけます。

マイクロソフト ソフトウェア寄贈プログラムは、地域のコミュニティに恩恵をもたらすミッションを持つ非営利組織を支援します。以下のタイプの団体は寄贈対象になります。
注意:以下の寄贈対象となる団体の種類は、マイクロソフト本社が定めた条件基準になりますが、 日本のマイクロソフト ソフトウェア寄贈プログラムでは、団体が以下の条件に該当する場合でも、特定非営利活動法人(NPO法人)の法人格をもっている必要があります。

  • マイクロソフトの各業種向けプログラムの寄贈対象になっている組織から独立しているヘルス・サービスおよび関連活動。これらには、地域診療所、精神衛生・薬物依存および心理社会的なサービスを提供する非営利ヘルスケア団体 、医療研究機関、女性健康センター、ホスピス、緊急・救命サービス、患者やその家族をサポートする組織、 血液銀行などが含まれます。
  • 会員以外にも恩恵をもたらす活動を行っている同業組合
  • アマチュアスポーツ組織(特にユース向けスポーツクラブ・チーム・グループ)
  • 財産あるいは収入の大部分が個人、家族または企業からの民間助成財団
  • 博物館
  • 宗教団体が宗教活動と別に市民活動を行うために設立したNPO法人

以下のタイプの団体はマイクロソフト ソフトウェア寄贈の対象外です。

  • 政府組織および機関
  • 教育機関(義務教育、専門学校、大学、職業学校を含む)
  • 医療(ヘルスケア)機関と医療ネットワーク(病院、専門ネットワーク、外来医療サービス、在宅医療と在宅支援団体、ヘルス研究機関、研究所を含む)
  • 政治団体と労働組合や共済組合、慈善目的あるいは活動でなかったり、会員以外の便益がない商業・業界団体、イベント、展示やパフォーマンスの後援会、募金あるいは資金調達目的のイベント(例:昼食会、夕食会、散歩会、マラソン、スポーツトーナメントなど)
  • 中古のコンピュータに寄贈ソフトウェアをインストールしたものを配布あるいは非営利団体や学校に寄贈する再利用業者。詳しくはMicrosoft Refurbisher プログラムをご参照ください。


マイクロソフト ソフトウェア寄贈対象団体は、毎2年ごとにリセットされる寄贈の割り当て内でソフトウェアを申請するこ とができます。団体の2年間サイクルは、2011年7月26日以降の最初の寄贈申請から開始されます。2年経過後、新しいサイクルが開始され、新しい割り 当てが提供可能になります。団体は割り当てられるすべての数量を申請する必要はありません。2年の間に団体は割り当てられた寄贈上限数内であれば、申請回数やライセンス数を気にせずに申請することができます。

2年間のサイクルの間に、団体は、10以内のタイトルグループから申請をすることができます。(タイトルグループ一覧表:PDF
デスクトップ プロダクト 、コアベースのライセンスを伴うサーバー製品 のタイトルグループ、またはライセンスオンリーの製品(CAL等)は、最高で50製品が上限になります。コアベースのライセンスでないサーバー製品については、タイトルグループに関わらず、5製品までの上限があります。より詳細な申請ソフトウェアの数量と申請回数については、マイクロソフト寄贈プログラムの申請資格と割り当てを参照してください。

貴団体が、マイクロソフト社のコーポレートシチズンシップに基づく非営利寄贈に関する差別禁止方針を順守していることを証明するため、下記であることを証明してください。

私たちの団体は、人種、肌の色、性別、国籍(出生国)、宗教、年齢、障害、性的アイデンティティあるいは性的表現、婚姻状況、妊娠、性的指向、支持政党、労働組合の会員資格に基づいて、雇用、報酬、トレーニングやサービスへのアクセス、昇進、雇用契約の満期、退職において、差別する方針やミッションを有していません。

マイクロソフト製品は、法的に異なる組織や個人へ移管あるいは転売してはいけません。また、チャリティプログラムの一環であっても、マイクロソフト製品は、他の団体や個人へ、贈与あるいは販売される対象となるコンピュータへインストールすることは許可されません。

寄贈された製品は本プログラムにより適格な団体に対してのみ配布され、個人に対しては配布できません。

FAQ
非営利団体と寄付プログラムの資格のためのMicrosoftのリソースの詳細については、 非営利団体向けよくある質問(英語のみ)をご覧ください。

返金と返品
マイクロソフトソフトウェア寄贈プログラムを通じて受け取った製品を返却もしくは交換したい場合は、寄贈された全ての製品をテックスープ・ジャパンに返却 した後に、新たに新しい申請を行っていただくことになります。

すべてのマイクロソフト製品はダウンロード版のみのため、1.寄贈ソフトウェアがインストールされておらず、2.寄贈連絡を受け取ってから60日が経っていないことが条件になります。

返品の際には件名に「申請返却願い」とお書きの上、下記の情報を本文に含めて admin@techsoupjapan.org 宛てにEmailをお送りください。
  • 団体名:
  • 申請ID:
  • 返品・返済の理由:

寄贈内容の全アイテムが届き、確認されたところで、返済手続きが開始します。申請内容の変更をご希望の場合は、貴団体のアカウントがリセットされた段階でお知らせします。

注1:マイクロソフトソフトウェア寄贈プログラムを通じて申請した製品の返済を受け取る場合は、お届けの60日以内に返品される必要があります。
返済手続きおよび貴アカウントの申請制限のリセットには、おおよそ10~15営業日がかかります。

注2:Get Genuineの中小規模団体向けポリシーは、これらマイクロソフト寄贈プログラムのスタンダードポリシーと異なっておりますことをご了承下さい。Get Genuine製品についてはこちら。